写真

故郷を、自然を、仕事を、そして家族を守りたい――
原発反対運動を成功させた人々の証言ドキュメンタリー

東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故により、
広く国民に原発の危険性が知れわたることとなったが、
今から30年以上も前に、「いつか必ず原発事故が起きる。
危険な原発は建てさせない」と住民が反対運動を行い、
原発計画を断念させた場所が全国に34ヵ所あった。
中でも紀伊水道をはさんで、双方の住民たちが協力し合い、
原発計画を 断念させたのが、徳島県阿南市椿町の「蒲生田原発」と、
和歌山県日高町 の「日高原発」だ。

南海トラフ三連動超巨大地震が心配される今、
全国各地の原発再稼働が 争点となっているが、
なぜ彼らはチェルノブイリ原発事故や福島原発事故 が起きる前に、
危険性に気づき、計画を追い出すことができたのか。
当時、 反対運動に関わった住民などにインタビューし、
彼らの証言を中心に約105分の映像にまとめた。

2013年11月11日 監督・かさこ